akkyの2拠点生活奮闘記

日本語教師 akky が大阪と岡山で2拠点生活を行います。 どういう経緯で2拠点生活をするのか? 実際にどんな準備をするのか? 生活がスタート後は日々の暮らしを綴っていきます。 ご連絡はこちらまで。 → akky.nikyoten@gmail.com 2拠点生活を考えている人はもちろん、都市にしろ地方にしろ1つのエリアでしか生活してこなかった人、特に若い人にもう一方の生活や両者の違いについて知っていただけると嬉しいです。

それでもガソリン車を使い続けますか?

4月からの様々な商品の値上げ、すごいですよね〜

その中でも、とりわけ値上げ幅が大きいのがガソリン!

ガソリン価格は若干値下がりしたとえはいえ、中長期的に考えれば高騰は止まらないでしょうね。




しかも、この記事によると、直近の値上がりはウクライナ情勢ではなくリビアの原油生産に影響されているとのこと。 

中長期的という概念が出てきたので色々調べてみたところ、20年前の価格と比べた記事を発見。




すごくないですか? 


私はなんとなく感覚的にこの流れが分かっていたから、ガソリン車の提供をお断りしたのかも、などと今となっては思います。




ガソリンの値上がりがこのまま続くか、あるいはある程度の高騰ののちに値下がりに転じるか、どっちだと思いますか?

私は前者だと考えています。

理由は2つ。

1つ目はやはりウクライナ情勢。

日本はロシアでの石油や天然ガス事業から撤退しないにしても、そういう直接的な動きではなく外部要因に強く影響されるように思います。

ウクライナ問題で、世界的にエネルギー関連の価格が上がり、日本もそれに影響されるから。

2つ目は何だか分かりますか?

そう!それは円安です。

中高生以上の読者の方であれば、

円安になると、日本に輸入されるモノの価格が上がる

ってことは理解できると思います。

そして、日本はエネルギーのほぼ100%を輸入してるんです。

つまり、円安が進めば進むほどガソリンは値上がりする

ってことなんですよね。

まあ政府は補助金などを出して介入してますけど、私は円安の流れも不可逆で、焼け石に水になるんじゃないかなと危惧しています。

補助金ってあくまで対症療法であって、円安を止めるための解決方法ではないんですよね。

ところで、どうして今円安になっているか分かりますか?

これは、現在欧米でインフレが進んでいてモノの値段がどんどん上がっているため、各国の中央銀行が利上げをしています。その一方で、日銀の黒田総裁は金融緩和、つまり低い金利の設定を継続しています。

当然金融市場で流れているお金っていうのは、金利の高い国や通貨に流れていきます。

なので、今まで日本円を持っていた人が円を売り、そのお金でドルやユーロを買っています。

その結果、金融市場では日本円が供給過剰になり、その価値が下がり、価格も下がっているっていう仕組み。

去年の始めごろって1ドル103円くらいだったと思うんですが、今日(2022年4月22日現在)とか1ドル128円ですからね。

1ドル128円がどのくらい安いかっていうと、今もしアメリカに行ってマクドナルドでビッグマック1個を買うと630円払わないといけないっていう程度。

こういうのって、ガソリン車を乗ってる人とってはダブルパンチですよね。

ドル建てでも高いエネルギーが、円安によってさらに値上がりするんですから。

こんな状況の中でも、ガソリン車に乗り続けますか?


☆☆☆☆☆☆☆ 


しかも、値上がりするのはガソリンだけではありません。

エネルギー全般が値上がりするので、電気代、ガス代なども上がります。

今年の夏とか、エアコンを使ったらそれだけで電気代えらいことになりそう。

また、ガソリンの価格が上がるということは輸送にさらにコストがかかるということであり、トラックなどで運ばれた商品の価格にそのコストが転嫁され、モノの値段が上がります。

日本は流通網が発達していてあらゆる商品が運ばれているので、庭で獲れた野菜とか以外は大部分の商品が値上がりするんじゃないのかなと。


さらに、こんなニュースも。

 


家畜が食べている飼料が高騰しているので、肉類とかもさらに値上がりしそう。

もうこうなってくると、何食べたらいいんだろって話ですよね。

私がしている対策としては、野菜も値上げされてきているので(特に玉ねぎ高くないですか?)、置き換えられるものは冷凍野菜にしています。

冷凍野菜は、価格が安定的だし割安だし。


因みに多くの商品の値上げは、所得が低い人ほど不利になります。


☆☆☆☆☆☆☆


これを読んでいる読者の方の中には「うちのエリアでは車がないと生活できない!」って人もいるかもしれません。

通勤などの移動には車が必要不可欠って人。

でもね、本当にガソリン車を使わないと通勤できませんか?

・電気自動車などにシフトする

・公共交通機関などの他の交通手段を使う

・いっそのことリモートワークにしてしまい、通勤そのものをなくす
 

こういったことは本当に不可能ですか?

「そんなの無理無理!」と考えて諦める前に、少しでもいいので可能性を探ってみたらいかがでしょう?

なんらかの可能性が見えてくるかもしれませんし、そうなると生活が根本的に変わるかもしれませんよ。


以上、Akkyでした!


生き方ランキング

バイト選びは戦略的に

新生活になり、アルバイトを初めて行うって方も多いでしょう。

そこで、今回はバイト選びについて書いてみます。


☆☆☆☆☆☆☆


最近、大学生の方達と接する機会が多いのですが、彼らはかなりの割合で

アルバイトを1か所でしか行っていない

んです。 

私はこの状況はめっちゃもったいないと考えます。

なぜなら、

他の選択肢が無いってことは、その仕事内容が自分にとって価値があるか、あるいは向いているかどうか分からない

から。 

つまり、

ジャンルの異なる仕事をすることによって、自分がどんな仕事にやり甲斐を感じたり楽しめたりするのかってことが分かる

んです。

基本的に、選択肢が他にないと、それが自分にとってどんな価値があるのかが理解できません。

この原則は他のことにも当てはまります。

例えば、居住地。

地元から一度も出たことがない人は他のエリアと比べることができないので、地元が自分にとって最適な場所なのかどうかが分かりません。

もっと範囲を広げて考えると、海外に住んだことがない人は日本を客観的に観たり他の国と比べることができないので、本当の意味で日本の長所や短所が分かってないんですよね。

日本のパスポートは世界最強と言われているにも関わらず日本人の70%が海外旅行すらしたことがないってデータもあり、そういう人は結構多いんじゃないでしょうか。

この点において、日本語教師はそのほとんどが海外生活経験者なので、一般の日本人とは異なり若干特殊かも、とか思ったりします。


☆☆☆☆☆☆☆


私は学生時代に、おそらく10個以上アルバイトを経験しました。

イタリア料理店のホール、家庭教師、テレアポ(今はさすがに存在しない?)、チラシ配り、家電量販店のスタッフ、バーテンなどなど。

これらのアルバイトを経験することによって、この仕事は自分には向いてないなとか、自分はこういう仕事には全くやり甲斐を感じないな、などということを理解していきました。

例えばテレアポは、仮に私の電話で契約が成立したとしても私への評価が高くなるなどということはありません。

もっと大きいのが、その仕事をしたところで何らかのスキルが上がるわけではない、ってこと。

私は一石二鳥的なことが好きなので、1日のかなりの時間を充てるバイトで何のスキルも身につかないってことが非常に勿体無いと考えます。

やはりお金を稼ぎながらスキルも身に付くっていうのが理想的。

この点において、日本語教師は私にとって非常に良いお仕事だったと言えます。

そして、同じジャンルの職業でも学べる職場と学びが得られない職場というのがあります。

飲食店などわかりやすいと思いますが、一流ホテルのレストランとそのエリアに競合がいないからってだけで商売が成り立っている設備投資も自己投資も全くしないようなお店とは天と地ほどの差があります。

ホテルのレストランについて書くと、フランス料理と和食とで特に学びが多くなりそう。

ワインや日本酒は種類が多く色々複雑ですし、調理法なども細かい違いがあったりしますし。

ちなみに和食は「煮る」系の調理法の種類が多く、一方のフランス料理は「焼く」系の種類が多いです。

こう考えると、中華料理は料理名がそのまんま料理の説明になっているので、学びという観点から考えると若干弱いかも。

サービスだけでなく将来飲食店を経営しようと思っている人は、私は個人的にそのエリアには存在しないジャンルの料理を提供している店でキッチンとして働くのもいいんじゃないかと考えています。

地方にはエスニック料理や中南米の料理、個人経営のハンバーガー屋、生パスタの店、すき焼きやしゃぶしゃぶ料理、料亭、ピンポイントのスイーツ店(フルーツ大福専門店など)といったお店が少ないという印象を私は持っています。

なので、そういう店を経営すれば競合がいないので、非常に有利なビジネスが展開できそう。

というわけで、そういうお店のキッチンとして働きながら、調理とその周辺のノウハウもゲットできるんですよね。


また、コンピューターのシステム構築の道に進もうと思っている人は、コンビニバイトも有効になります。

なぜなら、コンビニはシステムが利用されてる最前線の現場だから。

コンビニだったら、まあ大体どこの自治体にもありますし。


☆☆☆☆☆☆☆


このエントリの冒頭に書いたように、1か所でしかバイトをしないのは勿体無いです。

ただ、気をつけないといけないことが1つあります。

それは、最初に始めたアルバイトの職場は時間の経過や仕事の慣れと共に居心地が良くなってしまい、わざわざ他の職場で改めてキャリアをスタートするインセンティブが働きにくくなるってこと。

最初の職場が快適なのに、どうしてまた0から他の仕事を始めないといけないのかわからなくなってくるんです。

いわゆる現状維持バイアスと言われるもの。

この思考の癖には本当に気をつけたほうがいい。

なので、私のオススメとしては、最初のバイトで居心地良いと感じるまでには至っていないけれど、ある程度仕事の流れやどのタイミングで何をするのか、またモノが置いてある場所などが分かってくるなど業務的に慣れてきた段階で、敢えて他のバイトにもトライしてみる、ということ。


☆☆☆☆☆☆☆


時給や家から職場の距離、拘束時間や実動時間など、バイトを始める上で考えるべきことは色々ありますが、そういうことだけでなく今回のこのエントリのようなことも考えた上で、戦略的にバイトを選んでみるのはどうでしょう、というご提案。


以上、Akkyでした。

 
生き方ランキング 

大阪と岡山のまるで正反対の道路政策

ここのところ、岡山県の道路整備に関するニュースが増えていると感じます。

例えば、これ。




また、備前市でも国道2号線の拡張工事が行われています。

この動きに関して、私の素朴な疑問は

なぜ今なの?

というもの。

もっというと、

なぜもっと早いタイミングでやっておかなかったの?

ってこと。

岡山県の人口のピークは2005年(196万人)です。

常識的に考えると、渋滞の緩和という成果を最大化するのが目的であれば、人口がピークに達する2005年の前段階である2000年くらいに工事を着工するべきでは?

なぜ人口が減少傾向に入ってから、そういうことを行うのか?

この疑問に対する私の考えは後述するとして、ともあれ

岡山は今でも道路政策は車をメインに行われている

ということがニュースから分かります。


☆☆☆☆☆☆☆


一方、大阪の道路政策に関しては、こちらのニュースがあります。




そして、大阪市のホームページにはこういう情報も掲載されています。




実際、御堂筋は今こんな様子です。

御堂筋 道頓堀 北向き


御堂筋 道頓堀 南向き


上の画像は道頓堀のちょっと南の地点から北に向いて写したもので、下は同じ地点から南向きに撮影したものです。

下の画像の奥に南海難波駅があるの、分かりますかね?


前者のニュースでは、

近年は車の交通量が減少傾向の一方、インバウンド(訪日外国人)の影響などで歩行者や自転車の通行量が増加。

という記述があり、大阪市のホームページには

御堂筋を車中心から人中心の道路へと空間再編を進めています。

という文言があります。

このことから、

大阪の道路政策は岡山のそれとは正反対である

ことが理解できます。


☆☆☆☆☆☆☆


この違いはどこからきているのでしょうか?

まず思いつくのは、自治体の予算の多寡(多いか少ないか)、人口の多さ、人口の集中具合と散らばり具合、ドライバーの数、公共交通機関の利便性、地域住民からの要望の有無などが考えられます。

確かにこれらは重要な要素です。

でも私は、

自治体のトップの視点が「過去→現在」か「未来→現在」かの違い

が大きいと考えています。

端的に書くと、前者は「今までこうだったから将来も同じような状況が続くだろう」と考える思考で、後者は「将来こうなると予想されるから今すべきことはこれだ」と考える思考。

前者は現状維持思考で、後者は未来思考とも言い換えられます。

いうまでもなく、岡山は前者で大阪は後者にあたります。

そしてこのことは、前述したようになぜ渋滞を緩和する工事が非常に遅いタイミングで行われてしまうのかってことの理由になるんですよね。

どういうことかというと、「今までこうだったから」って考えてしまうと不便さに気付きにくくなるから。

今までずーっと渋滞してる状態が続くと、そういうもんだと思うようになるんです。麻痺してくるんです。

特にずーっと同じエリアにいて、他の地域に住んだことがない人はこの傾向が強いです。

現に、私は高校時代バスで通学していて、岡山市に入る所にかかっている500mくらいの橋を渡るのに毎朝15分から20分くらいかかっていたんですが、当時はそれが普通だと思っていましたし。


一方大阪市は、上に示したニュースの中では、2037年を目処にしていると書かれています。

この違い、めっちゃ大きくないですか?

まあこの年が御堂筋完成100年という節目の年でもあるわけですが。

でも思考の方向が全然異なると思いませんか?


こう書いてくると、私は岡山の道路政策に否定的だと思われるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

人口減少のタイミングで渋滞緩和を行うのは費用対効果は薄いかもしれませんが、やらないよりはやったほうがいい。

近年日本では大規模災害が頻発しているので、そういう工事を行わないと逃げ遅れる人が多くなるかもしれないから。

ただ、これからはそういう災害やコロナのようなパンデミックといった予想できない出来事や、人口減少なども含めて、自治体のトップは先見性を問われることが多くなってくるんじゃないかな、と私は考えています。

それに、そういう視点で移住先を選ぶ人も出てくるかもしれませんし。

あなたの住んでいる自治体のリーダーはどうですか?


以上、Akkyでした。


生き方ランキング 
ギャラリー
  • 大阪と岡山のまるで正反対の道路政策
  • 大阪と岡山のまるで正反対の道路政策
  • Akkyの提案が現実に!
  • 高コスパなホテルのランチビュッフェ 港区弁天町「アートホテル大阪 スカイビュッフェ51」
  • 高コスパなホテルのランチビュッフェ 港区弁天町「アートホテル大阪 スカイビュッフェ51」
  • 高コスパなホテルのランチビュッフェ 港区弁天町「アートホテル大阪 スカイビュッフェ51」
  • 高コスパなホテルのランチビュッフェ 港区弁天町「アートホテル大阪 スカイビュッフェ51」
  • 高コスパなホテルのランチビュッフェ 港区弁天町「アートホテル大阪 スカイビュッフェ51」
  • 高コスパなホテルのランチビュッフェ 港区弁天町「アートホテル大阪 スカイビュッフェ51」
スポンサード リンク
カテゴリー
  • ライブドアブログ