本日、今回の物件の仲介してくださる不動産屋さんがある岡山市内で、無事契約を終了しました。

備前市古民家 契約書


岡山駅からはタクシーで行ったんですが、岡山市内で明日岡山マラソンが行われる関係なのかかなり渋滞してて、約束の時間ギリギリに到着。 

すでに大家さんご夫婦は来ていて、「お久しぶりです〜」などと手土産を渡しながら挨拶を交わし、 早速本題の契約へ。

こういうのって、聞いている私たちもちょっとかったるいんですけど、 不動産屋さんには説明責任があるので、普通なら想定しなくてもいいようなことやかなり細かいことまで説明がありました。

説明後、署名して押印。

この物件は、大家さんが寛大であると同時におそらくもう住まないので 、私が好きにリノベーションしてもいいことになっていて、そのあたりの確認もしました。

それから、本格的に住み始める来年の4月までは、本来の家賃30000円の半額の15000円にしていただけることになっていて、その確認も。

おそらく4月まではちょいちょい来ようとは思ってるんですが、そんなに頻繁に来れる訳でもないので家賃の振込先も教えてもらいました。

で、住み始めたら世間話なんかをしに家賃は直接持って行こうかな、とも考えてます。

ほぼお隣さんですから。

なんか、大阪で仕事をやってる時は生産性が最優先されることが多いですが、一方で、こういう古民家でゆるゆる暮らすには生産性はほとんど必要とされないんだな、って自分の発想で気がつきました。

なんか2拠点生活で、生活にかなりメリハリが出そう。


で、かかった費用と、その内訳がこちら。

11月分家賃日割 11,000円  
12月分家賃   15,000円 
保証会社保証料  24,000円
契約手数料    32,400円

合計       82,400円

です。

 
それから、必要なものは認印、身分証明書だけでした。


ぶっちゃけもうちょっと早く契約したかったんですが、不動産屋さんとの連絡であまりタイミングがかみ合わずズルズルと今月にずれ込んでしまいました。

でも、今日鍵も頂いたし、この家に私の好きなように手を入れることができます。

まずは、屋根裏の漆喰塗りと、タイルが貼ってある流しがある部屋の床の解体からってところでしょうか。


あ、それから大家さんに「挨拶に行ったほうがいいお宅」も伺ったので、折を見てご挨拶に行こうと思ってます。


以上、akky でした!


生き方ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村